CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
トムは真夜中の庭で
トムは真夜中の庭で (JUGEMレビュー »)
フィリパ・ピアス,高杉 一郎,Philippa Pearce
RECOMMEND
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか (JUGEMレビュー »)
シャロン・モアレム,ジョナサン・プリンス
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
ブログリンク集
MOBILE
qrcode
<< アメリカが中国という一国に依存するのはOKな理由は…。日本は… | main | リベラルが自分の言動に無責任な理由は >>
中国はサイコパスの人口比が少ない!?

ほかよりもサイコパスの数が少ない文化圏があることはたしかだ。興味深いことに、東アジアの国々、とくに日本と中国では、かなりサイコパシーの割合が低い。台湾の地方と都市の両方で行われた調査では、反社会性人格障害の割合が0.03から0.14パーセント。西欧世界における平均4パーセントとくらべて、きわめて低い数字である。

 

JUGEMテーマ:読書

 

マーサ スタウト
草思社
¥ 821
(2012-10-04)
コメント:大量の虐殺を繰り返した歴史を持つ中国でサイコパスの比率が欧米の1/100とはにわかには信じられない。とても少数の残酷な為政者が大量に殺すのだろうか? それとも日本精神の影響を受けた台湾を中国とみなした調査結果なのだろうか?
Amazonランキング: 2910位

| 知識のごった煮 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:07 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック