CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
トムは真夜中の庭で
トムは真夜中の庭で (JUGEMレビュー »)
フィリパ・ピアス,高杉 一郎,Philippa Pearce
RECOMMEND
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか (JUGEMレビュー »)
シャロン・モアレム,ジョナサン・プリンス
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
ブログリンク集
MOBILE
qrcode
<< 「日本には韓国が文化を与えた」という哀れな妄想 | main | 靖国神社を救ったのはローマ教皇庁 >>
金正日が拉致を認めた理由は
北朝鮮の「離中従米」は誤算に終わりました。その年の米大統領選挙で共和党が勝ったため、クリントン大統領の訪朝が流れてしまったからです。さらに翌年に9.11同時テロが起こり、米国が強硬になったことで、完全にあてが外れてしまいました。
 かといって北朝鮮は中国には戻れなかったため、日本にすり寄ることになったのではないか−−。その結果金正日はそれまで頑強に否定していた拉致を初めて認めたのだと思います。

鈴置高史
日経BP社
¥ 1,512
(2013-11-20)
コメント:今の北朝鮮はもっと中国には戻れない状態なのだから、日本は足元を見た外交を仕掛けるべきではないだろうか。
Amazonランキング: 23923位

| 知識のごった煮 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:39 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://narnia.jugem.jp/trackback/3760
トラックバック