CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
トムは真夜中の庭で
トムは真夜中の庭で (JUGEMレビュー »)
フィリパ・ピアス,高杉 一郎,Philippa Pearce
RECOMMEND
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか (JUGEMレビュー »)
シャロン・モアレム,ジョナサン・プリンス
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
ブログリンク集
MOBILE
qrcode
<< アメリカはバカだ。日本に圧力をかければ、漁夫の利を得るのは中国とロシアだ。 | main | こっそり頼み、受け入れると非難するのが中韓のやり方 >>
誤報を訂正せずに社員を庇う朝日新聞
彼は外報部のエースだ。将来もあるので傷をつけたくない。今回はどうか穏便に済ませてやってくれないか」
 これは報道機関として明らかに間違っている。彼の将来と朝日新聞の信頼を考えればこそ、かえって過ちは素直に正されるべきではないか。彼の記事を読んだ朝日新聞の読者は、誤った情報を受け入れているのだ。

岩瀬 達哉
講談社
---
(2001-09)
コメント:「誤りがわかった時点で、速やかに誤りを正すのは当然だ」は朝日新聞が得意な論調。でも自社には適用できないのが朝日新聞。これは他者に対してなら世の中を正すという社会正義があるが、それを行なうには決して自分たちは誤ってはいけないという変な自意識(=曲がったプライド?)があるからではないか。
Amazonランキング: 541189位

| 問題提起 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:55 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック