CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
トムは真夜中の庭で
トムは真夜中の庭で (JUGEMレビュー »)
フィリパ・ピアス,高杉 一郎,Philippa Pearce
RECOMMEND
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか (JUGEMレビュー »)
シャロン・モアレム,ジョナサン・プリンス
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
ブログリンク集
MOBILE
qrcode
<< 水俣病を思いだせ | main | 幸せになれない理由 >>
もっと養子を
歳をとって時間にもおカネにも余裕ができたとしても、彼らの目は自分の息子や娘の子ども−−血のつながった孫にしか向かないのです。
 実際問題として、養子縁組を必要とする子どもがたくさんいるにもかかわらず、彼らはそこに目を向けません。団塊の世代のジジババが、いかに社会的な関心事に無知であり、利己的なのかを物語っています。
 団塊の世代は、なぜこれほどまでに公共性が欠如してしまったのでしょう。

正高 信男
潮出版社
¥ 1,365
(2011-07-01)
コメント:養子縁組の重要性は理解できるが、これだけをもって非難するのはどうかと。ご本人は養子をたくさんとってるのでしょうね? まさか団塊の世代を腐せば本が売れると思ったのではないでしょうね?w
Amazonランキング: 424083位

| 知識のごった煮 | 23:42 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:42 | - | - | |
コメント
血のつながった子なら自分の遺伝子を信じて
可能性にかけて多少のことにも目をつぶれそうだけど
血のつながってない子は・・・何かあった時の根拠のない信頼の要素がないような気がします。
公共性とか社会的関心事に無知とか・・・そうではないような。
ゆとりのある人は寄付してくれって言われたらするかもしれないけど、養子にできないのは社会的責任を果たしてないと言えるのかどうか・・・。
| 朔 | 2013/03/25 2:42 PM |
>朔さん

そうなんですよ、行き過ぎ感が漂うんですよね。

日本でもほんの半世紀前までは自分ち以外のこどもも叱り(=しつけ)、世間や社会もこどもを育てていた状況があり、そのことと関連付けているのかなぁという気もしないではないですw
| narnia | 2013/03/27 11:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://narnia.jugem.jp/trackback/3185
トラックバック