CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
トムは真夜中の庭で
トムは真夜中の庭で (JUGEMレビュー »)
フィリパ・ピアス,高杉 一郎,Philippa Pearce
RECOMMEND
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか (JUGEMレビュー »)
シャロン・モアレム,ジョナサン・プリンス
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
ブログリンク集
MOBILE
qrcode
<< 決意では自分は変わらない | main | 北京市民の8割以上が寄生虫を持つという疫病の国 >>
ユニクロが急成長を遂げた理由とは
ユニクロが急成長を遂げた当時、「何でもあります、揃います」という宣伝はほとんど行っていない。では、どんな宣伝を行っていたのか?

 そう、「フリース」一本。ユニクロはあの当時、宣伝の多くを「フリース」一本に絞って行っていた。(中略)

 つまり、他店との違いを「フリース」に絞り込んで宣伝したのである。(中略)「あれだけ、しっかりしたフリースを扱っているのなら、他の商品だっていいに決まっている」と思うはずだ。

 その結果、フリースにつられてきたお客様の多くが、セーターからシャツからジーンズ、靴下まで買って帰ることになる。「フリース」しか宣伝していないにもかかわらず、である。
(中略)
 次に投入したのが、「エアテック」だった。
(中略)
 すると今度は、フリースには興味はないが、エアテックにには興味があるお客様が集まり始めた。

高田 靖久
同文館出版
¥ 1,470
(2009-03-05)
コメント:これは自分でも感じていたことなのでよく理解できる。でも自分の仕事には活かしてなかったorz そうえいば「何でもあること」を名称にした「百貨店」は凋落した。一方でコンビニは急成長した。それは「何でもある」よりも「開いててよかった」「便利」を前面に出したからだろう。
Amazonランキング: 1068位

| 知識のごった煮 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:57 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://narnia.jugem.jp/trackback/2799
トラックバック