CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
トムは真夜中の庭で
トムは真夜中の庭で (JUGEMレビュー »)
フィリパ・ピアス,高杉 一郎,Philippa Pearce
RECOMMEND
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか
迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか (JUGEMレビュー »)
シャロン・モアレム,ジョナサン・プリンス
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
ブログリンク集
MOBILE
qrcode
<< 終わったことや結果を気にするようになると | main | 「楽ではない」人生を、「楽しく」するためににはどうすればいいか? >>
世界に広がる不耕起栽培
 1996年、アメリカ農務省のサラ・ライト博士が、グロマリンを発見し、不耕起栽培を奨励したのです。菌根をつくって植物と共生する菌類を菌根菌といいますが、グロマリンは、菌根菌の中の真菌が排泄する、強粘着質のタンパク質です。真菌は根圏微生物ですから、植物の生きた根に寄生し繁殖します。田んぼを耕すと、値を切断したり砕いて枯死させてしまいます。ですから不耕起栽培をして、土壌を耕さないのです。アメリカでは全耕地の50パーセント以上が不耕起栽培に切り替わり、カナダ、アメリカ、ブラジル、アルゼンチン、ニュージーランド、オーストラリアなどの穀物輸出国は、不耕起栽培に移行しつつあります。
岩澤信夫
日本経済新聞出版社
¥ 1,575
(2010-04-02)
コメント:アメリカの全耕地の半分以上が不耕起栽培? 信じられない。それなら表土の流出問題なんかないんじゃない? それとも不耕起だけど表土は流出するの?
Amazonランキング: 16850位

| 問題提起 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:16 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック